十三日番

十三日番

午後6時頃から、各山組内に曳き出された曳山の舞台で、はじめて本衣装と化粧をした子ども役者が演じる初めて歌舞伎のことをいいます。