後宴狂言

後宴狂言

自町狂言の最後の一回を「千秋楽」と呼び、まつりの成功をともに喜び、役者が健康であったことに感謝しつつ曳山を山蔵に納めます。