曳山ニュース

秋の長浜曳山祭 特別公開

長刀組太刀渡りと曳山4山の子ども狂言を上演

−長浜曳山祭ユネスコ無形文化遺産登録推進事業−


長浜曳山祭ユネスコ無形文化遺産登録推進会議(会長 山田富造)は、7月7日(木)午後7時から曳山博物館で会議を開き、10月29日(土)と30日(日)の2日間にわたって、長刀組の太刀渡りや今春の出番山4組による子ども狂言(歌舞伎)の上演など「仮称・秋の長浜曳山祭 特別公開」を下記の通り行うよう決定しました。
これら一連の事業は、「日本の祭りinながはま2016」の開催に合わせて、長浜曳山祭ユネスコ無形文化遺産登録推進事業として行うものです。

 


計画している事業の概要

 

10月29日(土)
◆平成28年度「高円宮殿下記念地域伝統芸能賞」を公益財団法人長浜曳山文化協会が受賞することが決定しています。
29日の午後に長浜文化芸術会館で開催される「日本の祭りinながはま2016」の記念式典・表彰式で受賞する予定です。
この賞は、地域伝統芸能の保存と継承に寄せられた高円宮殿下の御遺徳を後の世に永く伝えるために平成15年に創設されました。
地域の芸能の継承および活用に抜きんでた功績の認められる団体や個人に授与されます。一般財団法人地域伝統芸能活用センターが制定し、選定されました。
◆上記の受賞団体として、記念式典・表彰式に引き続いて三番叟を披露します。
三番叟は五穀豊穣を寿ぐおめでたい舞で、長浜曳山祭では幕開けである壱番山で演じられます。
通常は一人で演じますが、今回は特別に二人で演じる「二人三番叟」です。また、太夫と三味線は三役修業塾生の7人がつとめます。
◆長浜文化芸術会館の入口で、囃子(しゃぎり)演奏により来場者をお出迎えします。
◆萬歳樓瀬田町組による子ども狂言「傾城阿波の鳴門上 どんどろ大師の場」上演
場所と時間は未定ですが、3回程度の上演です。

 

10月30日(日)
◆長刀組による太刀渡り(自町である小舟町から曳山博物館広場〜金屋公園)
※春の祭礼以外に行うのは、長浜城歴史博物館開館記念行事「長浜出世まつり」の昭和58年(1983)4月29日以来33年振りです。
◆長刀組による翁招き(曳山博物館広場)
※祭礼以外で翁招きが行われた記録はなく、初めてと思われます。

◆今春の出番山4組の曳山での子ども狂言(歌舞伎)の上演(曳山博物館広場)
各組の狂言が終了後、曳山を順番に入れ替えます。
※春の祭礼以外で4組の子ども狂言(歌舞伎)上演は昭和29年(1954)からの4基交代出場取り決め以降では初めてです。
2組の上演は、平成3年9月の北陸線直流電化を記念した「湖北ロマンルネッサンスフェスティバル」、平成22年11月の「第20回全国地芝居サミットin長浜」が記録されています。


★長刀組太刀渡り・子ども狂言の予定時間
9:00〜10:00 長刀組太刀渡りと翁招き
10:00〜10:45 翁山伊部町組  子ども狂言「三番叟、お園六三郎浪華の春雨」
11:30〜12:10 孔雀山神戸町組 子ども狂言「梶原平三誉石切」
13:00〜13:40 常磐山呉服町組 子ども狂言「妹背山女庭訓 三笠山御殿の場」
14:30〜15:10 萬歳樓瀬田町組 子ども狂言「傾城阿波の鳴門上 どんどろ大師の場」
※4組の上演の順番は、今春の祭礼のくじ順の通りです。
※上記以外に、時間・場所は未定ですが各山組とも自町での狂言を予定されています。

◆各山蔵前での曳山公開展示 10時から16時 壽山、猩々丸、高砂山、鳳凰山の4基
◆曳山博物館収蔵展示中の四山特別公開(通常2基の公開ですが、特別に祭礼用の幕類をつけた4基を公開します) 9時から17時 春日山、諫皷山、月宮殿、青海山

 

 




長浜市曳山博物館

滋賀県長浜市元浜町 14-8

TEL 0749-65-3300 FAX 0749-65-3440

JR長浜駅より徒歩7分、
長浜ICより車で10分

お得な割引チケットはこちら

開館時間 9:00〜17:00(入館16:30) 休館日:12/29〜1/3

※悪天候により、長浜市に「大雨、暴風、大雪等を含む特別警報」および
 「暴風を含む警報」が発令された場合、臨時休館する場合がございます。
 詳細は曳山博物館(0749-65-3300)にお問い合わせ下さい。

※展示替え等により、臨時休館する場合がございます。

観覧料 大人600円 小人300円 団体20名以上2割引