曳山ニュース

ユネスコ無形文化遺産登録推進展示
長浜曳山祭−子ども歌舞伎と祭礼行事を知る

国指定重要無形民俗文化財「長浜曳山祭の曳山行事」の大きな柱が『子ども歌舞伎(狂言)』と『祭礼行事』です。言い換えればこの二つが今秋、ユネスコ無形文化遺産登録の対象となるものなのです。

本展示ではともすれば見逃しがちな諸行事の由来、謎を解き明かします。また昭和20年代まで湖北地域において広く行われてきた子ども歌舞伎を紹介するとともに、浄瑠璃をはじめ三味線、振付など、この地域の豊かな文化的土壌によって長浜曳山祭の子ども歌舞伎が支えられていたことを展示します。

無形文化財は展示が難しいといわれますが、その通り、信仰や伝承などの心象文化は表現が難しいのです。今回の展示では「そのタブーにあえて挑戦!?」します。これからユネスコ無形文化遺産として世界中で理解してもらおうとすれば、「まず地元の博物館からわかり易く発信」に努めたいと思います。では「長浜曳山祭ワールド見直しの旅」にご招待です。

 

開催期間  平成28年9月12日(月)〜10月23日(日)
 開催場所  長浜市曳山博物館(長浜市元浜町14番8号)

 


パンフレットをダウンロード
ファイルサイズ1.7MByte 程度


 

 










長浜市曳山博物館

滋賀県長浜市元浜町 14-8

TEL 0749-65-3300 FAX 0749-65-3440

JR長浜駅より徒歩7分、
長浜ICより車で10分

お得な割引チケットはこちら

開館時間 9:00〜17:00(入館16:30) 休館日:12/29〜1/3

※悪天候により、長浜市に「大雨、暴風、大雪等を含む特別警報」および
 「暴風を含む警報」が発令された場合、臨時休館する場合がございます。
 詳細は曳山博物館(0749-65-3300)にお問い合わせ下さい。

※展示替え等により、臨時休館する場合がございます。

観覧料 大人600円 小人300円 団体20名以上2割引