曳山ニュース

企画展―シリーズ干支―「酉(とり)」

2017年の干支である「酉」は、干支では十番目、方角では西、時刻では午後六時前後、動物では「鶏」のことを指します。鶏は『記紀』にも登場する古代から日本人に馴染みの深い鳥で、早くから飼育されていたこともあり、人間の生活とは密接なつながりを持っています。また、瑞鳥(めでたいことの起こる前兆とされる鳥)の一つとしても知られ、伊勢神宮では鶏が神使(神様の使者)とされています。  本展では、長浜曳山祭の諫皷山の胴幕や亭飾りにも登場する鶏や、新年を迎えるに相応しい吉祥をあらわす鶴など、来年の干支である酉(とり)にちなんだ作品をご紹介します。

 

展覧会名:企画展―シリーズ干支―「酉(とり)」

開催期間:平成28年12月12日(月)から平成29年1月29日(日)

会 場 :曳山博物館(元浜町)

開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)

入館料 :大人600円、小中学生300円

※長浜市・米原市の小中学生は無料

休館日 :年末年始(12月29日〜1月3日)

 


パンフレットをダウンロード
ファイルサイズ2.5MByte 程度


 

 






長浜市曳山博物館

滋賀県長浜市元浜町 14-8

TEL 0749-65-3300 FAX 0749-65-3440

JR長浜駅より徒歩7分、
長浜ICより車で10分

お得な割引チケットはこちら

開館時間 9:00〜17:00(入館16:30) 休館日:12/29〜1/3

※悪天候により、長浜市に「大雨、暴風、大雪等を含む特別警報」および
 「暴風を含む警報」が発令された場合、臨時休館する場合がございます。
 詳細は曳山博物館(0749-65-3300)にお問い合わせ下さい。

※展示替え等により、臨時休館する場合がございます。

観覧料 大人600円 小人300円 団体20名以上2割引