常設展示

 

曳山の展示

 館内では、翌年の祭に出場する実物の曳山を4基収蔵し、2基ずつ入れ替えて公開しています。入れ替えは、年に3回行います。

現在展示中の曳山

 曳山博物館では、次の年の祭りに出場する本物の曳山を4基収蔵しています。曳山は、2基ずつ交代で展示しており、江戸時代の長浜の伝統的な職人技術の粋を集めた本物の曳山をご覧いただけます。毎年10月第土曜日に曳山を入れ替える「秋の曳山巡行(曳山交替式)」が行われます。

  • 月宮殿
    月宮殿

    田町組が所蔵しており、舞台正面に中国明時代の刺繍ですぐれた作品があるのが特徴です。

  • 猩々丸
    猩々丸

    船町組が所蔵しており、その山組の名にちなんで御座船型なのが特徴です。亭はなく、露台となり周囲に幕を張っています。安永3年(1774)藤岡和泉一富によって造られました。


 

曳山の公開(令和2年度)

●曳山2基展示 鳳凰山・高砂山 3/30(月)~6/28(日)

 

●曳山2基展示 月宮殿・猩々丸 6/29(月)~9月末予定



長浜曳山祭と長浜の町衆の文化

 1階と2階の常設展示室では、曳山を手掛けた江戸時代の職人たちの作品や、長浜の町家の模型など曳山祭や祭りを支えてきた長浜の町衆に関する資料を展示しています。
※常設展示室の資料は、定期的に展示替えを行います。